介護福祉事業について

「介護福祉事業に詳しい行政書士さんって珍しいですね」って、良く言われます。
確かに介護福祉専門の行政書士って少ないですよね。
どうして介護福祉事業のお客さんが増えたのか、当事務所と介護福祉事業との関わりについてまとめてみました。

介護福祉

福祉のお仕事に詳しくなったキッカケは何ですか?

行政書士開業当初、介護のお客さんからいろいろ教えてもらったのがキッカケなんです。

小規模デイサービスのブーム

介護保険制度がスタートして数年経った頃、小規模デイサービス・お泊りデイサービスのブームがありました。

そのブームの火付け役が、当事務所のお客さんでした。

お泊りデイサービスをフランチャイズ展開していたお客さんから、介護保険制度の事や指定申請書類の事など色々教えてもらい、試行錯誤しながら東京や静岡、新潟の事業所開設の申請をしていました。

その後、介護報酬見直しにより小規模デイサービスの報酬単価が下がったり、お泊りの基準が強化されたりして、だんだん小規模デイサービスを開設しようとする人が減ってきました。

その頃は、事業所運営の安定化を模索し、既存事業所からの訪問介護や居宅介護支援事業所の開設依頼が増えて来ました。

また、介護分野だけでなく、例えば訪問介護に加えて重度訪問介護・居宅介護など、障害福祉分野に事業を拡大しようとする会社が増えて来たのもこの時期でした。

介護から障害福祉へ

小規模デイサービス・お泊りデイサービスのブームがあって、それらの事業所が生き残るために模索し始めて、介護分野の他業種や、障害福祉分野へと業務が広がり始めました。

それらの業務を行ううちに、介護業界や障害福祉業界に少しずつ詳しくなって行きました。

その後、障害児通所支援の放課後等デイサービスのブームが来ました。参入しやすかったため、事業所数が大きく増えました。

しかし、人員基準が強化され、質の低いサービスを提供していた事業所はどんどん淘汰されて行きました。小規模デイサービスのブームの時と同じ流れですね。

しかし、障害について知識があり、支援方法についても勉強している放課後等デイサービスからは、支援学校卒業後の受け皿を作りたいという相談が増え、生活介護や就労継続支援事業所の開設依頼が増えて来ました。

介護・障害福祉現場を体験

事業所の運営支援も行っており、その一環として、どうしても人が足りないという事業所に、スタッフとして入った事もありました。

え~!?だってはたのさん、行政書士でしょ?

そうなんですけど、せっかく開設のお手伝いをさせて頂いた事業所がなくなっちゃうのは悲しいじゃないですか。

という訳で、デイサービスの介護職員と、障害福祉サービスの就労継続支援A型・B型事業所の職業指導員をやった事があります。

思ったように動けず歯痒い思いをしましたが、おかげで介護職員の大変さや認知症、知的・精神障害者の理解は深まりました。

認知症啓発イベント

たくさんの介護業界の方々と知り合い、いくつかの介護系団体にも関わらせて頂きました。

その中で、認知症啓発イベントなどの介護福祉分野のイベントにも参加する機会が増えて来ました。

三郷市で行われた「Genki fes」を始め、「介護甲子園」や「RUN伴埼玉県」の実行委員などに携わらせて頂き、現在は「オレンジリング絆フェス」のお手伝いをしています。

福祉の種を撒く

介護福祉事業所や、それに関連する事業所を一つでも多く増やす事で、その地域は社会的弱者と呼ばれる人たちにとって住みやすい街になると信じています。

そして、福祉的サービスが必要な方たちが住みやすい街は、誰もが暮らしやすい街になると信じています。

行政書士はたの事務所は、「福祉の種を撒く」事で、地域貢献して行きたいと考えています。