契約書

契約書作成

契約書は、話し合って決めた内容を書面に残しておくことにより、後々の紛争を予防するためのものです。
書面に残し、お互いが持つことによって、約束を破られる心配が減ります。
また、約束が守られなかった場合には、裁判の資料として使用することができます。

行政書士は、契約書や合意書、示談書等の作成はできますが、相手に代わって交渉の場に立つことはできません。
当事者同士で話し合いをするための契約書案の作成や、話し合いが終わった内容をまとめる形での契約書作成であれば、対応いたします。

作成した契約書のチェック

自分または相手方が作成した契約書の内容を確認し、契約内容に不備やリスクがないかをチェックいたします。
契約書のセカンドオピニオンとしてご利用ください。

関連情報

利用者の暴力・セクハラから介護職員を守るために事業者ができること