自分で会社設立手続きをする場合でも、専門家に代行してもらう場合でも、必ず自分で決めなければならないものの一つに「会社名(商号)」があります。

自分の会社を設立しようと決めたとき、会社名を考える時間はとてもドキドキする楽しい時間ですよね。
しかし、どんな会社名でも自由に付けて良いわけではなく、ちゃんとルールがあります。
そこで、会社名のルールと注意点をまとめてみました。

会社名として使える文字

会社名には、ひらがな、カタカナ、漢字の他に、次の文字を使うことができます。

  1. ローマ字(大文字及び小文字)
  2. アラビヤ数字
  3. 「&」(アンパサンド)
    「’  」(アポストロフィー)
    「,」(コンマ)
    「-」(ハイフン)
    「.」(ピリオド)
    「・」(中点)

3.の記号は、字句(日本文字を含む。)を区切る際の記号として使用する場合に限り使うことができます。そのため、会社名の先頭や末尾で使うことはできません。ただし、「.」(ピリオド)については、その直前にローマ字を使った場合に省略を表すものとして会社名の末尾で使うこともできます。

ローマ字を使って複数の単語を表記する場合に限り、単語の間を区切るために空白(スペース)を使うこともできます。

会社名にローマ字を使う場合

最近はローマ字を使った会社名が増えてきていますので、少し細かいですけど会社名にローマ字を使う場合のルールをまとめてみました。

  • 日本文字とローマ字とを組合せた会社名でも大丈夫です。
  • ローマ字は、大文字・小文字のどちらも会社名として使うことができます。
  • 数字だけの会社名でも大丈夫です。
  • ローマ字に振り仮名を付けた会社名は使うことができません。
  • 例えば「株式会社」を「k.k.」等に省略することはできません。
  • 英文の会社名と日本文字による会社名とを併記すること(例「ABC Service Co.ltd. エイビーシーサービス株式会社」はできません。
  • ローマ字の読みを括弧書きで登記すること(例「ABC(エイビーシー)株式会社」)はできません。
  • 「特定非営利活動法人○○」を「NPO法人○○」として使うことはできます。

類似商号について

会社名は、同じ住所地に同じ会社名の会社が先に登記されている場合は、使うことができないという決まりがあります。しかし、例えば社長の自宅を会社の住所地とし、初めて会社を設立するという場合は、何の問題もありません。

ただし、これは法務局の立場で言えば問題ない、というだけで、実はもう一つ注意すべき点があります。

それは、商標登録です。商標は特許庁の管轄となります。

新しく設立しようとする会社の会社名と同じまたは良く似た会社名が、先に商標登録してある場合、事業活動、特に広告宣伝活動が大きく制限される恐れがありますので、会社設立前に確認しておいてください。

商標の検索は、特許情報プラットフォームで行うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
会社名は会社の顔と言っても過言ではありませんので、これらのことに注意しながら、あなたらしい会社名を付けてあげてください。

もし、会社名のこと、その他会社設立手続きのこと等お困りでしたら、当事務所がお手伝いいたします。
相談無料ですので、お気軽にお問合せください。
お問合せはこちら