遺言・相続

遺言書作成

遺言書は、自分の死後、誰にどの財産をどのように分けたいかの意思表示です。
遺言書がないと、残された家族同士が財産を巡って争うことになるかもしれません。
しかし、遺言書があれば、残された家族同士の争いを予防し、家族が悩まずに安心して相続手続きを行うことができます。

当事務所では、遺言書を公正証書にする公正証書遺言をおすすめしています。
公正証書にするためには費用がかかりますが、遺言書を失くしたり、書き換えられたりすることを防ぐことができます。
また、遺言書の内容を公証人が一緒に確認しますので、書類上および内容の不備を防ぐことができます。

公正証書遺言の作成はハードルが高く感じるかもしれませんが、老後の安心を手に入れるため、当事務所が出来る限りお手伝いいたします。

相続手続き

相続が起こった場合、死亡届の提出から相続税の申告まで、多くの相続手続きが必要になります。
たくさんの手続きのうちの一部ではありますが、相続人や相続財産を調査し、遺産分割協議書を作成するという手続きは、当事務所がお手伝いいたします。

なお、紛争があるケースは弁護士、不動産登記は司法書士、相続税は税理士の専門分野となります。
必要に応じてご紹介もいたします。

関連情報