共同生活援助(グループホーム)とは

共同生活援助(グループホーム)とは、共同生活住居に入居している障害者(利用者)に、主として夜間において住居で相談その他日常生活上の支援(入浴、排せつ又は食事の介護等)を行う障害福祉サービスです。

対象者

主として障害程度区分1及び障害程度区分1~6のいずれにも該当しない身体障害者、知的障害者及び精神障害者

法人格

障害福祉サービスの指定を受けるためには、株式会社・合同会社・NPO法人・一般社団法人等の法人格が必要です。

人員に関する基準

管理者(常勤1人・兼務可)
適切な指定共同生活援助を提供するために必要な知識及び経験を有する者

世話人
指定共同生活援助事業所ごとに、常勤換算で、利用者の数を10で割った数以上
(例えば、15人の場合は15÷10=1.5人以上)

サービス管理責任者
利用者が30人までは1人以上、31人以上の場合は、30人又はその端数を増すごとに1名増員が必要
例えば31~60人の場合は2名、61~90人の場合は、3名必要)

生活支援員
常勤換算で、次の①~④までに掲げる数の合計数以上
①障害支援区分3に該当する利用者の数を9で除した数
②障害支援区分4に該当する利用者の数を6で除した数
③障害支援区分5に該当する利用者の数を4で除した数
④障害支援区分6に該当する利用者の数を2.5で除した数

設備に関する基準

設備・備品等
・居室(原則として個室。居室面積は収納設備等を除き、7.43平方メートル以上)
・食堂又は居間、浴室、洗面設備、トイレその他必要な設備及び備品

利用定員
・事業所全体の定員:4名以上
・1住居当たりの定員:2~10名以内

 


共同生活援助(グループホーム)の開設手続きは、
埼玉県上尾市の行政書士はたの事務所にお任せください。
埼玉県内対応いたします。相談無料です。お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら